オバマ大統領の愛犬 ポルトガルウォータードッグ ペットのことならペット用品オンライン、愛犬の病気を考え始めたらペット保険

アメリカ大統領がホワイトハウスで飼っている犬を「ファーストドッグ」と呼びます

BARACK OBAMA バラク・オバマ [DVD] 「ファーストドッグ」という呼び名があるほど、アメリカ大統領に犬は欠かせません。

政治手腕はもちろんですが、自身のイメージも大切なアメリカ大統領にとって、ファーストドッグは政治からは見て取れない大統領の人間性をアピールする役目も担っているのです。

ハリー・トゥルーマン大統領のかつてのセリフ「ワシントンで友達が欲しければ、犬を飼いたまえ」はとても有名ですし、選挙後初の記者会見に臨んだ際、オバマ大統領が「犬選びは緊急の課題」とユーモアを交えながら話したことからも、ファーストドッグの重要性が伺えます。

ちなみに、歴代のアメリカ大統領の飼っていた犬を調べてみると以下の通り。
やはり、アメリカ大統領と犬は切っても切れない関係のようです。

歴代 大統領名 愛犬
1代 ワシントン大統領 フレンチハウンド
3代 ジェーファーソン大統領 ブリアード
30代 クーリッジ大統領 テリア、エアデールテリア、ホワイトコリー、シェットランド・シープドッグ、チャウチャウ、ブラウン・コリー、イエロー・コリー、ブルドッグ
32代 ルーズベルト大統領 シェパード、スコッチテリア、ルウェインセッター、イングリッシュ・シープドッグ、グレート・デーン、マスティフ
33代 トルーマン大統領 アイリッシュ・セッター、ミックス犬
34代 アイゼンハワー大統領 ワイマラナー
35代 ケネディ大統領 シェパード、ウエルッシュテリア
36代 ジョンソン大統領 ビーグル×4、ホワイトコリー
37代 ニクソン大統領 ヨークシャテリア、プードル
38代 フォード大統領 ゴールデン・レトリバー
39代 カーター大統領 ミックス犬
40代 レーガン大統領 キャバリア
41代 ブッシュ大統領 スプリンガースパニエル
42代 クリントン大統領 ラブラドール・レトリバー
43代 ブッシュ大統領 スコッチテリア×2 スプリンガー・スパニエル
44代 オバマ大統領 ポルトガル・ウォーター・ドッグ

ポルトガル・ウォーター・ドックの歴史

フラッフィー・ドッグ ポルトガルウォータードッグ (M)44代オバマ大統領のファーストドッグに選ばれた「ポルトガル・ウォーター・ドッグ/ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグ」。

テレビのニュースで取り上げられたので、その愛らしい姿を見た方も多いと思います。日本ではまだあまり馴染みのない「ポルトガル・ウォーター・ドッグ」とは、一体どんな犬なのでしょうか?

ポルトガル・ウォーター・ドッグの起源は、祖先をたどると中央アジアの牧畜犬が遊牧民族の西への移動に伴い、ポルトガルに持ち込まれたのではないかといわれています。その途上、ドイツでこの犬種はプードルに変化します。

→ さらに詳細はこちらからお読みください

メニュー・目次

ポルトガル・ウォーター・ドッグの歴史
ポルトガル・ウォーター・ドッグの特徴
ポルトガル・ウォーター・ドッグが選ばれた理由
ポルトガル・ウォーター・ドッグの性格と飼い方
ポルトガル・ウォーター・ドックを日本で飼うなら


ペット関連の仕事探しは派遣会社ランキングから

Copyright (C) オバマ大統領の愛犬「ポルトガル・ウォーター・ドッグ」. All Rights Reserved.